2018年1月17日水曜日

チャンピオン

 6日のプログラムでアンチ・ドーピングについて実施したばかりですが、今年に入って、日本のスポーツ界では、トップアスリートのドーピング問題が立て続けに起こっています。この問題はトップアスリートを目指す者にとって無視できることではありません。
 改めて、「なぜ今回の事件は問題になっているか?」、「フェアプレーとは何か?」をしっかりと考えてみて下さい。

 また、先週からJr.は第Ⅳ期プログラムが開始し、Kids.は来週で、レスリングの最終回を迎えます。今年度の身体能力開発プログラムも残り少なくなってきました。Jr.は残り4回のプログラムで、Kids.は残り5回のプログラムで何を学びますか?
 毎回のプログラムに目的を持って臨むことで、効果や充実度も変わりますので、プログラムの意味をしっかりと考えて、自身の能力とパフォーマンスの向上に役立ててください。


 「試合に勝つには最初にゴールへ到達するだけでよいが、チャンピオンになるには、身体的な能力だけでなく、人格への賞賛を呼び起こさなければならない。
 この言葉は2010年のユースオリンピックの開会式で当時の国際オリンピック委員会のジャック・ロゲ会長のものです。


 パフォーマンスの向上は、アスリートにとって成績を残すために、最も大切なものですが、アスリートである前に「人」です。最近の問題のように良い成績を残しても、その価値が失われてしまうこともあります。そのために高いレベルのステージで自身の力を最大限に発揮できるように、日常生活自身の競技、そして毎週のプログラムで、身体能力と知的能力を身に付けて、チャンピオンになるための土台をつくりましょう。

事務局スタッフ 久良知

1月20日 連絡表

Kids能力開発・育成プログラム連絡表(1月20日号)
■内 容:レスリングを通したコーディネーション能力の育成
■会 場:福岡大学 レスリング場(ビクトリーホール2F)
■時 間:18:00~20:00
■講 師:矢守 正宜氏、日吉 晶之氏(福岡県レスリング協会)
■持参物:飲料水、タオル、室内シューズ
※爪を切ってくること。また、プログラム時はヘアピンやメガネは外すこと。

Kids次回連絡(1月27日)
※新規受講生プログラムのため、自主トレーニング日とします。


Jr.能力開発・育成プログラム「柔道」連絡表(1月20日号)
■内 容:柔道を通したコーディネーション能力の育成
■会 場:アクシオン福岡 多目的アリーナCD
■時 間:18:00~20:00
■講 師:熊谷 和彦氏、石松 和資氏(福岡県柔道協会)
■持参物:飲料水、タオル、柔道着
■自宅課題:①帯の締め方の復習 ②受け身の練習
※柔道着の下はボタンがついていないTシャツまたはアンダーを着ること。

Jr.次回連絡(1月27日)
※新規受講生プログラムのため、自主トレーニング日とします。


Jr.能力開発・育成プログラム「サッカー」連絡表(1月20日号)
■内 容:サッカーを通したコーディネーション能力の育成
■会 場:福岡フットボールセンター
■時 間:18:00~20:00
■講 師:吉田 泰久氏、井口 大氏(福岡県サッカー協会)
■持参物:飲料水、タオル
■自宅課題:全身を使ったリフティングの練習

Jr.次回連絡(1月27日)
※新規受講生プログラムのため、自主トレーニング日とします。


Jr.3年「中3プログラム」連絡表(1月20日号)
今週は自主トレーニング日とします。レポートを提出しましょう。
(様式は指定しないので、各自で課題やトレーニング計画・内容をまとめて提出してください。)
※柔道またはサッカーの育成プログラム参加希望者は、事前に事務局へ連絡して下さい。

Jr.3年次回連絡(1月27日)
※新規受講生プログラムのため、自主トレーニング日とします。
(自主トレーニングレポート提出)

2018年1月10日水曜日

能力開発・育成プログラム連絡表(1月13日号)

Kids能力開発・育成プログラム「レスリング」連絡表(1月13日号)
■内 容:レスリングを通したコーディネーション能力の育成
■会 場:福岡大学 レスリング場(ビクトリーホール2F)
■時 間:18:00~20:00
■講 師:矢守 正宜氏、日吉 晶之氏(福岡県レスリング協会)
■持参物:飲料水、タオル、室内シューズ
※爪を切ってくること。また、プログラム時はヘアピンやメガネは外すこと。

Kids次回連絡(1月20日)
□内 容:レスリングを通したコーディネーション能力の育成
□会 場:福岡大学 レスリング場(ビクトリーホール2F)


Jr.能力開発・育成プログラム「柔道」連絡表(1月13日号)
■内 容:柔道を通したコーディネーション能力の育成
■会 場:アクシオン福岡 多目的アリーナCD
■時 間:18:00~20:00
■講 師:熊谷 和彦氏、石松 和資氏(福岡県柔道協会)
■持参物:飲料水、タオル

Jr.次回連絡(1月20日)
□内 容:柔道を通したコーディネーション能力の育成
□会 場:アクシオン福岡 多目的アリーナCD


Jr.能力開発・育成プログラム「サッカー」連絡表(1月13日号)
■内 容:サッカーを通したコーディネーション能力の育成
■会 場:福岡フットボールセンター
■時 間:18:00~20:00
■講 師:吉田 泰久氏、井口 大氏(福岡県サッカー協会)
■持参物:飲料水、タオル
駐車場は、クラブハウス西側にあります。フットボールセンター入り口のカラスの看板(図①)を目印に入場して下さい。※マップ参照 

図①

Jr.次回連絡(1月20日)
□内 容:サッカーを通したコーディネーション能力の育成
□会 場:福岡フットボールセンター

Jr.3年「中3プログラム」連絡表(1月13日号)
■内 容:運動能力測定(第1回)
■会 場:アクシオン福岡 測定室
■時 間:18:00~20:00
■持参物:飲料水、タオル、室内シューズ

Jr.3年次回連絡(1月20日)
来週の中3プログラムは休講です。自主トレーニングを行い、レポートを提出しましょう。
※柔道またはサッカーの育成プログラム参加希望者は、事前に事務局へ連絡して下さい。

2018年1月9日火曜日

第2回修了生サポートプログラム

 平成29年12月27日(水)に宗像陽子氏(専修大学職員)を招いて、第2回修了生サポートプログラム「デュアルキャリアについて」を実施しました。今回は県内外から、選手として活躍している修了生や指導者として活躍する修了生、また競技から離れて次のキャリアに進もうとする修了生19名(2期生から9期生)が参加しました。
   プログラムでは、“「人」としての人生を歩みながら、「アスリート」としての人生を歩む”をテーマに自分の今までのキャリアを見直しながら、これからの”アスリートとしての目標“と”人としての目標“を確認しました。修了生からは「自分が今やるべきことが見えたように感じた」「これからの人生設計について見直すきっかけになった」などの声をいただきました。
「プログラムの様子①」

「プログラムの様子②」

 プログラム後の情報交換会では、修了生同士で自身の目標の再確認や、「怪我や挫折をどう乗り越えたか」といった競技生活での相談など、世代や競技の枠を超えて、アドバイスする姿や共感する姿が見られました。
「情報交換会のようす①」

「情報交換会のようす②」

 事務局では、修了生が持つ目標の達成を支援するため、このサポートプログラムを実施しています。今後もより修了生をサポートできるようにプログラムを行っていきますので、是非参加をお待ちしてます。また、プログラムに参加できない修了生も気軽に事務局に相談等(結果報告)の連絡をお待ちしてます。
 事務局は今後も修了生の活躍に期待しています。
「今回参加した修了生」

2018年1月8日月曜日

フェアなトップアスリートになるために

 1月6日(土)に、福岡県薬剤師会の田中洋介氏を招いてアンチ・ドーピングに関するプログラムを行いました。
受講生の皆さんは「ドーピング」に対して、どのような考えを持っていますか?
 ドーピングは、競技力を高めるために禁止されている薬物などを使用すること、その行為を隠そうとすることです。トップアスリートを目指している皆さんなら、意図的にドーピングをしようとすることは絶対にないと思いますが、誤って禁止物質を摂取してしまう「うっかりドーピング」はないとは言い切れません。

では、「うっかりドーピング」をしないために皆さんができることはなんでしょう。
 それは、自分の身体にとりいれるものに責任を持つということです。自分がどんなに注意をしていても、検査で禁止物質が検出されれば、全て自分の責任です。数年間、大会に出場する機会を損失してしまうかもしれません。また、「トップアスリートがドーピングをした」と知ったとき、周りの人はどのように感じるでしょうか。ルールを守って一生懸命努力し続けて勝利を掴み取るというスポーツの価値も壊されることにもなりかねません。 
 禁止物質を含むものは医薬品だけではありません。サプリメント等の健康食品も禁止物質を含む可能性があります。病院で薬を処方されるときや自分で薬やサプリメントを買うときには、必ず含まれている物質を確認しましょう。また、使用可能薬リストは毎年改定されるため、最新のアンチ・ドーピング規則に関する情報・知識を持つスポーツファーマシストに相談するという方法もあります。
 トップアスリートになれば、いつどこでドーピング検査の対象となるかわかりません。いつでも胸を張って検査を受けられるように、薬やサプリメントを摂取するときだけでなく、普段の食事からどのようなものが含まれているか等を確認する習慣を付けるようにしましょう。そして、フェアプレーの精神を大切にする、世界で活躍できる真のトップアスリートになりましょう!

 事務局スタッフ 西嶋


2017年12月27日水曜日

Kids自宅課題



 2回目の自宅課題テストの結果は以上の通りです。
 合格者が1回目のテストに比べて倍以上に増えています。2回目のテストまでしばらく時間が空きました。この間、皆さんが「どうすれば出来る様になるのか」、「記録を伸ばすためにはどうすれば良いのか」をしっかりと考え、取り組んだ結果ですね!!
 考えながら取り組むこと、どんどんやっていきましょう!

 さて、皆さんに質問です。

「自宅課題」とは何でしょうか?

 馬渡先生が皆さんに伝えた通りです。一番の目的は「コーディネーション能力を伸ばすこと」です。Kidsの皆さんの年齢は、コーディネーション能力が一番発達する時期と言われています。そして、「向上心を持つ」、「一番を目指す」気持ちを持てるように、また、緊張感のある場面で自身の能力を発揮できるようになるため、テストとして実施をしています。誰かと競うことももちろん大事です!ですが、一番は自分自身の能力を伸ばすために取り組めるようにしていきましょう。ライバルは他の人とは限りません。自分というライバルと競い、常に向上していけるよう頑張っていきましょう!!
事務局スタッフ 豊田

1月6日(土) 連絡表

12月30日(土)は自主トレーニング日とします。

※1月6日(土)のプログラム前に連絡表はアップしませんので、この連絡表を確認して次回プログラムに参加して下さい。


Kids能力開発・育成プログラム連絡表(1月6日号)
■内 容:レスリングを通したコーディネーション能力の育成
■会 場:福岡大学 レスリング場(ビクトリーホール2F)
■時 間:18:00~20:00
■講 師:矢守 正宜氏、日吉 晶之氏(福岡県レスリング協会)
■持参物:飲料水、タオル、室内シューズ



Kids次回連絡(1月13日)
□内 容:レスリングを通したコーディネーション能力の育成
□会 場:福岡大学 レスリング場(ビクトリーホール2F)


Jr.知的能力開発・育成プログラム連絡表(1月6日号)
■内 容:アンチ・ドーピング
■会 場:アクシオン福岡 多目的アリーナAB
■講 師:田中 洋介氏(公益社団法人福岡県薬剤師会)
■持参物:筆記用具

Jr.1・2年次回連絡(1月13日)
プログラム①
□内 容:サッカーを通したコーディネーション能力の育成
□会 場:福岡県フットボールセンター

プログラム②
□内 容:柔道を通したコーディネーション能力の育成
□会 場:アクシオン福岡 多目的アリーナCD

Jr.3年次回連絡(1月13日)
□内 容:運動能力測定
□会 場:アクシオン福岡 測定室
※Ⅳ期のプログラム(柔道・サッカー)に参加希望の受講生は、事前に事務局へ連絡をして下さい。